ブラジャー 装着方法

ブラジャーの装着方法について

ブラジャーの装着

 

美しいバージスラインを作るためには、正しいブラジャーの着用方法を知らなければいけません。

 

サイズが合っていないブラジャー、ワイヤーがゆがんだブラジャー、ゴムベルト部分がゆるゆるになってしまったブラジャーを着けていると、バストの形は歪んでしまいます。

 

どんなに気に入っているブラジャーであって、処分してしまいましょう。

 

バストのサイズは、何年も変わっていないという方でも、ブラジャーを新しく購入する時は必ずサイズを計測してから購入することをお勧めします。

 

思っているよりもバストサイズは変化しているものです。

 

また、ブラジャーを購入する時は、サイズやデザインだけで決めるのではなく、必ず試着をしてフィット感を確かめましょう。

 

ブラジャーによっては、同じサイズでも装着感は違うものですから、結局思ったようなフィット感が得られなければ使わなくなってしまいます。

 

正しいブラジャーの着け方

着け方

 

肩ひもを肩に通し、カップの下部分をバストにフィットさせます。

 

前かがみの姿勢で着けると、うまくフィットしますよ。

 

前かがみの姿勢をキープしつつ、ワイヤー部分をバストに合わせながらホックをとめます。

 

体を起こして片方の手で、アンダーバストを抑えながら反対側の手で、脇の肉をブラジャーの中に入れてフィットさせます。

 

余っている脂肪

 

ゴムベルトは肩甲骨の下あたりに位置しているのが、ちょうどよい場所になります。

 

さらに肩ひもは食い込みすぎていないか確認しましょう。

 

肩ひもには、バストの吊り上げ効果はありませんので、短すぎても圧迫してしまうだけですよ。

 

ゴムベルト部分もきつく締めすぎると、バストの形崩れを引き起こします。

 

緩すぎてもいけませんが、きつすぎてもいけません。

 

ちょうどよくフィットしている状態が大切です。

 

フィット

 

あまりにも圧迫してしまうと、バスト周辺の血流が悪くなってしまうので、バストへの栄養が行き渡らなくなったり肩コリの原因になってしまいます。

 

正しいブラジャーの装着方法こそが、美しいバージスラインを作るコツになりますよ。

 

バージスラインって何?